「実験室」カテゴリーアーカイブ

自作の実験機器や市販のオシロスコープ等について紹介します。

古いYamaha音源(YMFシリーズ)をLinux環境で鳴らす方法

皆さんは物持ちが良い人でしょうか、私はそうです。中々ものが捨てられません。一般的には古くて使えないものもつい勿体無いからと大事に仕舞い込んでしまいます。場所をとるので粗大ゴミの度に脅威に晒されますが(むしろ、ゴミの山に使えそうなのを見つけて欲しくなったことありませんか?)、そういったものに利用価値を見出したり全く違う用途を考えるのも楽しいものです。しかし、そういった品は大抵どこかひと手間かけてやらないと使えません。

最近では、とある古いノートPC(CPUはPentium3!)を実験机で利用しようと思い立ちOSにDebianをインストールしたとき音源が機能しませんでした。それには古いYamaha YMF-724/740/744/754 (DS-1)といった音源が載っています。ここでは古いYamaha音源をLinux環境で動作させるための覚書を残しておこうかと思います。

続きを読む 古いYamaha音源(YMFシリーズ)をLinux環境で鳴らす方法

AVR DDS signal generatorをArduinoに移植する

ちょっとした実験をするのにSignalGeneratorが欲しくなりました。何かお手頃なのはないかと探してみるとAVRマイコンを使った”AVR DDS signal generator”を見つけました。オープンソースで公開されていて、これを使ったキットも販売されているようです。このキットを買うのが手っ取り早いのですが、私の手元には通販で購入したArduino nanoがいくつも転がっています。型番は違うもののAVRマイコン、動作周波数も同じです。なんとかこれで動かせないものか、ということで前述の”AVR DDS signal generator”をArduino向けに移植してみました。

続きを読む AVR DDS signal generatorをArduinoに移植する

ATTEN ADS1102CALのファームウェア アップデート(SW:5.01.02.32)

少し前にオシロスコープのファームウェア更新をしたばかりですが、先日にメーカHPを覗いてみるとまたバージョンが上がっていました(5.01.02.32)。リリースノートを見るにバグ修正が主のようです。ここまで前の機種にもアップデートがあるのは嬉しいことですね。

早速、ダウンロードして更新してみることにしました。

続きを読む ATTEN ADS1102CALのファームウェア アップデート(SW:5.01.02.32)