[地図自作] 国土地理院の数値標高モデルを使って等高線入り地図を作成する方法

国土地理院が公開している数値標高モデルを使って等高線入り地図を自作してみましたので、その手順について公開します。

内容は試行錯誤を繰り返して作ったため洗練された手順とは言い難いのとかなりの時間とマシンパワーを要しますが、インターネットで公開されている等高線入り地図より格段に高解像度の地形図を作ることが出来ました。GPSにダウンロードした自作地図をいれて山登りされている方は挑戦の価値ありです。

Read more »

Categories: アウトドア | Leave a comment

[地図自作] GarminGPS地図の自作環境構築(MSYS2編)

GarminGPSの地図を自作するための環境構築メモです。今回はMSYS2上に環境を構築しました。処理には小道具展示室さんが公開している設定ファイルを利用しています。等高線生成ツールはphyghtmapに置き換え、より解像度の高いSRTM-1を利用できるようにしてみました。

Read more »

Categories: アウトドア | Leave a comment

[地図自作] Osm2Garminの使い方

Garmin GPSの地図を自作するために試したツール”Osm2Garmin”についての覚書です。等高線については荒いものしか作成出来ませんが、GUI操作で取っつき易いツールです。

Read more »

Categories: アウトドア | Leave a comment

山歩きに使えそうなGPS用の等高線付き地図を自作する

最近になって山登りがしてみたくなって地図の読み方を勉強しはじめました。そこで登山でよく使うという1/25000地形図とGPSの地図を見比べてみると、どうにも等高線の形状が異なって見えます。GPSの等高線は明らかに荒いようです。ハイキングくらいなら気にしないでいいのかもしれませんが、これでは山に登った時に参考にならないかもしれません。ネットで公開されている無料地図は荒いものがほとんどのようで、もう少し等高線の精度が高いものを自作してみました。

Read more »

Categories: アウトドア | Leave a comment

ガーミンGPSで使える無料地図を比較してみる

最近はスマートフォン向けに無料で使えるオフライン地図があってとても便利になりました。ただ、ちょっとした山登り/トレッキングや自転車旅行に持っていくには耐久性や電池の持ちからいってガーミンのGPSの使い勝手がいいです。ガーミン製GPSは地図データが少々お値段がするのもあって昔の地図をそのまま使っていましたが、ネットで無料で使える地図データが公開されていることを知りました。早速、無料で最新地図が使えるならと何種類か見つけた地図データをインストールして比較してみました。

 

Read more »

Categories: アウトドア | Leave a comment

[レビュー] 安価な3ポートUSB-HUB(SDカードリーダ付き)

Arduinoと接続して使うのに安価なUSB-HUBを探していると、3ポートUSB-HUB+SDカードリーダ付きの製品を発見しました。先人のレビューを見ている限りは動くようですが、世の中にはUSB-HUBと称してUSBの配線をそのまま分配しただけのものもあるようです。もしかして1ポートしか認識しなかったりするかもしれません。動けば儲けもの、ということで購入してみました。

Read more »

Categories: 海外製品レビュー | Leave a comment

讃岐うどんを食べに行ってきました

先日に知り合いの方からお誘い頂いて四国うどんツアーに行って参りました。個人的にうどんと来れば四国というイメージですが、よく考えたら四国初上陸です。詳しい方に案内して貰いうどん屋の梯子となりました。

Read more »

Categories: 旅行記 | Leave a comment

ガラホでオフライン地図を利用する

今年になって通話用ガラケーをAQUOSケータイ2に変更しました。元々は通信費を安くするためにガラケーとスマートフォン2台持ちを始めたのですが、いつの間にやらガラケーも中身がAndroidとなっていました。パケット通信は使えない(従量制課金でお金がかかるので)ですが、それだとせっかくのAndroid端末が勿体ない。そこでガラホでも使えるオフライン地図アプリケーションをインストールしてみました。

Read more »

Categories: 日常ネタ | Leave a comment

[Arduino] USB Host ShieldとUSBシリアル通信を行う(CH340編)

Arduinoを使ってUSB-HUB経由でUSBシリアル通信を行う方法です。私がいつも使わせてもらっているArduinoは中国製クローンで、USB-UART変換チップには本家Arduinoと異なりCH340というICが使われています(本家はFTDI製IC)。しかしUSB Host Library2.0にはCH340用ドライバがありません。そこでCH340のLinuxドライバをポーティングしてみました。これでUSB-HUBにArduinoクローンを複数ぶら下げるよう構成が実現出来るはずです。

Read more »

Categories: プログラム(PC/Android) | Leave a comment

[Arduino] USB Host Library2.0をADB通信に対応させる(Android1.6端末と通信)

Android端末とArduino等のマイコンをUSB接続する手段として一般的にはADKを使用しますが、ADK未対応な古い端末(OSバージョン1.6とか)は代わりにADBを使います。ADB通信に対応したarduino側ライブラリもありますが1:1の通信しかサポートしていません。そこで既存ライブラリを少し改造してUSB-HUBに対応させてみました。これを使えば1:他の構成が実現出来るので用途が広がります。

Read more »

Categories: プログラム(PC/Android) | 3 Comments