browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

[カブ] 曲がったブレーキレバーの直し方

Posted by on 2018/02/10

先日、カブでツーリングに出掛けてこけてその拍子にブレーキレバーが曲がってしまいました。一応、現状でもレバーは握れるのですが違和感が強いので修理することにしました。

曲がったブレーキレバー

よそ様のブログ記事を拝見するとギャグのような曲がり方をしたブレーキレバーもありましたが、私の場合はそのまで酷くはありません。少し下方向に曲がったくらいです。これくらいならなんとか戻せそうではあります。一応そのうち新品に交換しようかと思いますが、今回はそれまでの繋ぎと上手くいけば交換後の予備部品にできるので修理してみることにしました。

カブのブレーキレバー修理

先日こけて曲がってしまったブレーキレバー。下(写真では右)側に曲がっています。

ブレーキレバーの修理

(その1)バイスで挟む

ハンマーで殴るのが定番のようですが、取り合えずバイスで挟んでみることにしました。本体に傷がつかないように緩衝材で挟んでから元通りになるように締め付けていきます。が、これは上手くいきませんでした。力をいれて締め付けて曲がったように見えても緩めると元に戻ります。アルミなんでいけるかと思ったのですが駄目でした。

カブのブレーキレバー修理

単純に力が足りないのか、曲げたい部分に詰め物をして再挑戦してもダメでした。

(その2)ハンマーで殴る

結局ハンマーでぶん殴ることになりました。なるたけ硬い地面(傷ついても問題ないようなコンクリートとか)にブレーキレバーを置いて、ハンマーでごつんといきます。金属ハンマーだとレバーが凹んだり最悪割れてしまうかもしれないと思ったのでゴムハンマーを使って、参考にした動画コンテンツのように満足のいく形状になるまで何回か叩きました。これでなんとかなりました。

カブのブレーキレバー修理

結局、家の外で硬い地面(石とかコンクリート)に置いてハンマーで叩きました。レバーは仕方ないとして、叩いたときに地面も削れる(割れる?)ので傷ついても問題ない場所でした方が無難です。

カブのブレーキレバー修理

元通りとはいきませんが、そこそこ戻りました。

元通りハンドルに取り付ける

あとは修理したブレーキレバーを元通りに取り付けるだけです。念のためにレバーを握ってみると違和感なく操作出来るようになりました。ただ、今回は無事に修理出来たものの強度は落ちているはずです。次にこけた時にはぽっきりといくかもしれないので新品のレバーも注文しておきたいと思います。

R0013210.JPG

ブレーキワイヤーを繋いでハンドルに固定すれば作業完了です。ついでに取り付け部とネジの清掃/グリス塗布をしておきました。プラスネジの締め付けトルクは1Nm、ナットは4.5Nmとのこと。

参考

この記事は以下の内容を参考にさせていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください