[カブ] プレスカブ(ボアアップ後)のスプロケット交換検討

FIプレスカブをボアアップしてもトルクは太くなったもののトップスピードが大して伸びません。スプロケット交換が必要です。そこで同じHONDAのCD90や100EX仕様と見比べてどんな減速比(スプロケット構成)にするべきか検討してみました。

(スプロケット交換の記事から検討部分を分離しました。内容は同じです)

 

環境

97ccにボアアップしたFI仕様プレスカブです。現状だと7000RPMくらいで頭打ちになってしまう。自作インジェクションコントローラや吸排気系の改善余地はありますが、ひとまず車の流れに乗れるようにしたいです。

  • 2008年式FI仕様プレスカブ(97ccボアアップ済み)
    -リアスプロケット:42T
    -フロントスプロケット:15T
FIプレスカブ
ひとまずボアアップして走れるようにはなった愛車プレスカブ(97cc)

 

減速比(スプロケット構成)の検討

現状(フロント15T/リア42T)

現状として、ボアアップにより大幅なトルクアップを実現出来たものの、あまり上が回らなくなりました。ヘッド等シリンダ以外のパーツが50ccのままなので仕方ないと思いますが、出ている速度からして7000RPMくらいで頭打ちになっているような感じです。そのうち改良に挑戦したいですが、ひとまず現状のエンジン構成で60km/hは出せるようにしたいと思います。

今ついているスプロケットは以下の通りです。この状態でエンジン回転数とスピードを計算してみました。

  • フロントスプロケット:15T(純正13Tからキタコの肉抜き軽量化バージョン15Tに交換)
  • リアスプロケット:42T(プレスカブ50純正)

同排気量の別車種を参考にする

スプロケットの減速比をどんな感じにしたものか。丁度同じような排気量のバイクが参考になるかもしれません。手元にあったパーツリストやよそ様のブログ記事情報をもとにCD90と100EXのエンジン回転数と速度の関係をグラフにしてみました。

(これを見ているとボアアップ後にギアを4速に入れ替える方の気持ちが、なんとなく分かってきました)

CD90(フロント14T/リア35T)

排気量は88ccですが丁度パーツリストが手持ちにあったので引っ張ってきました。プレスカブとは異なり4速ギアです。トップギアのとき6000RPMで60km/hが出せる計算になります。


カブ100EX(フロント15T/リア37T)

こちら排気量同じく97ccの100EXで、CD90と同じく4速ギアです。トップギアがオーバードライブになっていて5500RPMで60km/hとなります。


結論:ひとまずフロント17T/リア40Tとしてみる

CD90/100EXではスプロケットの減速比が2.5辺りになるように設定されていて、トップギアで5500~6000RPMくらいのときに60km/hとなるようです。エンジン性能的に一番美味しいところを使って巡行出来るようになっているのでしょう。しかし、これと同程度の減速比を実現しようとするとプレスカブのリアスプロケットが問題になります。ノーマルなカブと違ってあまりラインナップに幅が無くちょっと高価(5000円くらい?)な為、比較的リーズナブルに入手できる中で一番ハイギヤードなスプロケットにしてみました。。

  • フロントスプロケット17T
  • リアスプロケット40T(KITAKOの黒いやつ)

これであれば3速ギアで6500rpmのときに60km/hを達成出来ます。ただ、プレスカブのギアは3速しかないので、こうすると各ギアがカバーする範囲が広がります。出足はともかくとして急勾配な坂道がどうなるか気になります。やっぱり4速が欲しくなりますねぇ。。。

 

参考

この記事は以下の内容を参考に記載させて頂きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.