Specialized Sirrus Rear after(Deore XT)

[自転車] ディレイラーとスプロケ交換(SHIMANO Deore XT 10speed)

私の乗っている自転車は2008年モデルのSpecialized Sirrusです。そのままのパーツで走るのに不自由するほど走りこんではいないのですが、坂道をより楽に登りたいという誘惑に負けてディレイラーとスプロケットを交換してみました。

 

使用した工具

交換に次の工具を使用しました。今回は手を抜いてケーブル類をそのまま使いまわしたので、ケーブルも交換する場合はワイヤーカッターとペンチもあったほうがいいと思います。

  • スプロケット固定具
  • ロックリングまわし
  • 六角レンチ
  • プラスドライバー

 

自転車と交換パーツ

私のSirrusは、リアディレイラーがSHIMANO SORAでした。交換対象として選んだのはSHIMANO Deore XT 10speedシリーズです。今回はフロントは変更せず、(お金の関係で。。。)リア側のパーツだけをいじることにしました。

ちなみに楽天で一番安くつきそうなお店を選んで発注しました。

  • Specialized Sirrus (2008年モデル)
  • リアディレイラー SHIMANO SORA => SHIMANO Deore XT

Shimano Deore XT 10 Speed Parts

 

 

ディレイラーとスプロケットを交換する

さて、品物はすんなりと届きましたが、私は愛車のSpecialized Sirrusを本格的にいじるのは初めてです。工具を探してわたわた、図面と睨めっこしてわたわた、と3時間ぐらい。調整を終えた頃には、へんな姿勢で作業を続けたせいで太ももがパンパンに張っていました。変なところで運動不足を痛感します・・・。
まあ、不注意でチェーンを通す場所を間違ってしまい、2度もチェーンカッターで切る羽目になったり(フロントディレイラーを通すの忘れた!(汗))、ディレイラーの調整に手間取ったりしたので、慣れている人はもっと早いでしょう。

交換前↓
Specialized Sirrus Rear before

交換後↓
Specialized Sirrus Rear after(Deore XT)

 

ディレイラーの調整に苦戦する

取り付けが完了すれば最後にディレイラーを調整して問題なく変速出来るようにします。これがかなり難航しました。付属の説明書通りにネジをまわして調整してもなかなかベストな状態になりません。

実は、ディレイラーにはリアスプロケット歯数とフロントスプロケット歯数の組み合わせがあって、動作する歯数の範囲が決められています。リア/フロント両方をDeore XTで統一すれば問題ありませんが、今回はフロントをそのまましました。その為に範囲をオーバーしていたのです。

購入前に気付いてはいたのですが、多分なんとかなるだろうという楽観と劇坂を楽々と登るためにも都合が良い(フロント/リアをDeore XTで統一した場合より、フロントをそのままにするとさらにローギヤになるハズでした)という目論みでそのもも決行した次第です。

なんとか全てのギアが機能するように何度も微妙な調整を続けて、どうにかセッティングを完了しました。家の近所は坂道だらけなので、かなり楽になりそうです。

 

その後

そのあと調子よく走ってくれていましたが(自転車旅行中もノートラブル)、5年程してチェーンが伸びたのかどう調整しても上手く変速しないところが出てきました。チェーンのコマをいくつか詰めればましになるだろうか・・・。

「[自転車] ディレイラーとスプロケ交換(SHIMANO Deore XT 10speed)」への2件のフィードバック

  1. 私はホィールのセンターが、これ以上取れないことが判明。

    ホィール交換しか道がなくなりましたが、クロスバイクってエンド幅は
    MTBと同じで135mm。700ccホィールでエンド幅135mmは、ほとんどなく、
    あっても高いんです。

    というものの、探しながらスプロケットの交換も考えている今日この頃です。

  2. すけさん

    着々とやってますね~
    素晴らしいです(^-^)/

    しんさんより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.