[カブ] FIカブ50のカブ90クランク流用による排気量UP検討

以前、FI仕様カブ(2008年式)をボアアップするのにキャブレター仕様カブのシリンダーを流用して安上がりに出来ないか検討したところ、色々と仕様が変わっていて要加工という結論になりました。では、カブ50純正シリンダー+カブ90互換クランクシャフト+スペーサーの組み合わせはどうでしょう。ストロークアップの帳尻合わせ用スペーサーは自分で作る必要がありそうですが、シリンダー加工よりは簡単に小型二輪化が出来るのではないでしょうか。早速どんな感じか試してみました。

環境

  • カブ50エンジン(2008年式FI仕様)
  • カブ90互換クランクシャフト(ヤフオクで購入、1500円くらいのやつ)
カブ50エンジン(2008年式FI仕様)
カブ50エンジン(2008年式FI仕様) ボアアップや実験用に予備機として入手しました

何故に旧カブパーツ流用なのか

今更ですがFI仕様エンジン向けのボアアップキットはキャブ仕様よりラインナップは少ないとはいえ数社から販売されています。これを買ってくっつけるのが一番早いはずです。なのに何故わざわざキャブ仕様カブのパーツを流用しようとするのか。それはぶっちゃけボアアップキットが高価(私的に)だからです!

シリンダーだけならクリッピングポイント製の製品が一番安く16,000円くらいで入手出来るようです。でも燃調あわせるのにサブコンやらを購入するとあっという間に40,000円くらいの出費に。それはちょっと財布に優しくありません。なんとかならんものか。そう、キャブ仕様カブのパーツなら安いシリンダーだと1500円とかでヤフオクで売られています。なんとかコイツを使えないか、駄目元で購入して色々試してみます。

 

ストロークアップの検討

排気量変化を計算する

仮にカブ50シリンダーとカブ90互換クランクを組み合わせた場合の排気量変化を計算すると以下のようになります。
約20%アップですね。

  • カブ50(純正)の場合:内径39.0 x 工程41.4mm = 49.4cm2
  • カブ50シリンダー+カブ90互換クランクの場合:内径39.0 x 工程49.5mm = 59.1cm2

 

予備エンジンの分解

実は去年にカブの予備エンジンを購入していました。今乗っているカブと同じ年式のエンジンです。というのもボアアップやら色々とエンジン回りのカスタムに挑戦するのに実車からエンジン外してまた組み立てるという面倒くさい工程を避けるためです。この予備エンジンを使ってストロークアップによる排気量UPが(比較的に簡単に)可能かを検討します。

以前に一度分解しているせいか、わりとスムーズに作業をすすめます。このエンジンは新聞配達で酷使されていたやつではなく、ノーマルカブに積まれていたようで内部はかなり綺麗でした。今乗っているプレスカブなどヘッドカバーを開けると濃い飴色or真っ黒といった感じでしたが、これはアルミの地肌が見えるではありませんか!すごい。ヘッドだけ今使っているエンジンと入れ替えたくなってきました。

カブ50エンジン分解
エンジン分解中
カブ50エンジンヘッド
ヘッドカバーを開けると中は綺麗でした
当時のプレスカブ50ヘッド分解時写真、フラッシュで見えにくいですが真っ黒でした

途中まで順調でしたが、気を抜いたのがまずかったのかクラッチの皿ネジを1本なめてしまいました。完全にダメになったので泣く泣くドリルで頭を飛ばして外します。次いでジェネレータ裏のオイルセパレータをとめている皿ネジが全く緩みません。クレ556やラスベネを噴いてからショックドライバーでゴンゴンやったり電動インパクトドライバで挑戦しても全くだめです。なんだこりゃとよく見るとなんかネジロック剤っぽいものの跡があります。サービスマニュアルにはここにネジロック剤塗布するような記載はなかったと思うのですが。。。やむを得ず、ここもドリルでネジ頭をとばして外しました。

カブ50オイルセパレータ
オイルセパレータのネジがどうやっても緩みません・・・。ショックドライバーでかなりドついてもビクともせず

 

皿ネジとネジロック
よく見るとネジロックっぽい跡が・・・

 

ネジをドリルでさらった
ドリルで頭をとばして外しました

クランクケースを割って中を見るととくに問題になりそうな箇所は見当たりません。いい感じです。ギヤーシフトスピンドルも当たり前ながらまっすぐ、素晴らしい(プレスカブのやつは前オーナーがこけるか何かしたらしくひん曲がってました)。

カブ50エンジン クランクケース分解
エンジンの中も綺麗でした。コイツを実験用に供します

 

カブ90クランクシャフトと純正シリンダーを嵌めてみる

では早速、分解したエンジンの中身を取り出して、そこにカブ90互換のクランクシャフトと純正シリンダーをのせてみます。シリンダーにピストンを通し、上死点でシリンダーとピストン上面が面一になるところでとめます。この時にシリンダーとクランクの隙間がスペーサーで埋めるべきサイズになります。

FIカブ50シリンダーとカブ90クランクシャフト、上死点位置
カブ50純正シリンダーとカブ90互換クランクを組み合わせたところ。写真は上死点位置でピストンとシリンダー上面が面一になったところです

 いざ見てみるとかなり空いてますね。シリンダー下部が辛うじてクランクケースのふちに引っかかっているような状態です。

続いてピストンが最も下がった状態を見てみます。シリンダーを手で押さえてピストンを下げてみます。

FIカブ50シリンダーとカブ90クランクシャフト、下死点位置
シリンダーを手で押さえて、ピストンを下死点まで持ってきます
R0012289.JPG
下死点位置でピストン下部がシリンダーから露出しています

なんとなく想像してましたがピストンがこんにちはしています。ピストンピンの穴まで見えてしまっている状態です。うーん、これって動くんだろうか。やっぱりちょっと駄目な気がします。

 

所感

私は素人なので正確な判断は出来ませんが、シリンダーからピストンのはみ出具合を見るとカブ50純正シリンダー+カブ90クランクシャフトの組み合わせは難しいのではないでしょうか。これがうまくいけば割と簡単に小型2輪化できるかと思ったのですが。そう上手くはいきませんね。やはりシリンダーもカブ90のものを流用するしかないかな。

 

参考

この記事は以下の内容を参考に記載さえて頂きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.