browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

[自転車] ハブベアリングの交換

Posted by on 2017/12/10

自転車のハブベアリングをグリスアップしてから早2年が経ちました。あれから特に不具合なく走ってくれています。今回は2年毎のハブ定期メンテを兼ねて中のベアリング(とグリス)がどうなったのか見てみたいと思います。また、ついでにベアリングも交換してみることにしました。

 

使ったもの

今回のハブメンテナンスで使ったものです。

  • ウレアグリス
  • 板スパナ
  • スプロケット外し用工具
  • ベアリング(1/4 inch) – リアハブ用
  • ベアリング(3/16 inch) – フロントハブ用

グリスは前回使用のリチウムグリスからウレアグリスに変更しました。リチウムグリスでも走行中の問題はなかったのですが、今回ハブを分解してみるとかなりグリスが流れてしまっているように見受けられたので耐水性の高いウレアグリスを使ってみることにしました。モノはホームセンターの蛇腹入りのやつを購入しました。

ウレアグリスとロックリング外し

ウレアグリスとロックリング外し。うろ覚えですが、ウレアグリスはホームセンターで400g入り400円くらいだったと思います。

玉押しの調整に使うダイソー多目的スパナ(小)は力を加えたときに曲がってしまったのでモノタロウで安い板スパナを購入しました。ダイソースパナよりは使いやすいですが、やっぱりヤワイです。がちがちに固着した玉押しには太刀打ちできなさそうです。

モノタロウの板スパナ

モノタロウで購入した板スパナ。同じものが2枚入っています

ベアリングはモノタロウで購入しました。100個以上入っているやつを買ったので、多分、一生分あるんじゃないでしょうか。前回分解時に散らしてしまって嫌な汗をかいたので2,3個紛失しても大丈夫なように買いましたが、こういう時に限って紛失はしないものです。精度の良し悪しは表記が無くて分かりませんが、現状問題なく使えています。気になる方はシマノ純正のベアリングを購入されるとよいかと思います(Amazonで探してみると以下のようなのがありました)。

自転車のベアリング

モノタロウで購入した各144個入りベアリング(中谷金属工業)。1個あたりの単価は断トツで安いですが、使用頻度からいって一生分はありそうです。

 

ハブの分解清掃

リアハブ

まずリアハブから分解することにしました。まずスプロケットを固定しているロックリングを外します。ずいぶん清掃していなかったので真っ黒です。汚れを落とすため取り外したスプロケットは灯油に漬け込んでおきます。

自転車のリアハブ

まずはリアハブから分解します。清掃をさぼっていたせいでドロドロになっています

スプロケット外し

ロックリングを外してスプロケットを取り外します。

リアハブ

スプロケットが外れました。この段階でナットを指で回すと簡単に緩んでしまいました。前回の締め込み不足かもしれません。

次に玉押しを板スパナを使って固定してナットを緩めますが、スプロケットを外してみてみると、なんと指で回せるくらいに緩んでいました。前回の締め付け不足かもしれません。

ベアリングがばらけないようにトレーの上で軸を引き抜き、残ったベアリングを取り除きます。ベアリングにグリスは残っていました。が、スプロケットと反対側のベアリングは外から汚れを取り込んだのか(あまり考えたくないですが)玉押しorベアリングが削れたのかグリスが灰色になっています。うーむ、やっぱり玉押しも交換したいですががっちがちに固着してしまって外れません。前回にダイソースパナを曲げたのもコイツです。新調した板スパナまで曲がると悲しすぎるので、ひとまずそのまま組んで様子見することにしました。次は2年待たずに開けようと心のメモに書き込みます。

リアハブのベアリング

グリスが灰色なのか銀色なのか嫌な色合いに変色しています。こちらはスプロケットと反対側で、玉押しが緩んでいたのが原因かもしれません。

玉押しと受け側の汚れをふき取って傷を確認します。うーむ、前回開けたときと比較すると傷の部分に錆が浮いてきているような気がします。これが原因で何か削れたのかなぁ。サンドペーパーか何かで錆を落とした方がいいのでしょうか。こっちはどうやっても取り外せないのでやるとするとハブ丸ごと交換になります。ホイール組みもいずれ挑戦したいけれど、今やると普段の足が無くなるのでこのまま組むことにしました。

玉押し

玉押しも傷ありですが、ネジが固着してどうにもならないので泣く泣く再利用しました。次回こそは交換したいです。

ハブの受け側

受け側には錆が浮いていました。ここは取り外せないからなぁ。。。

ハブの受け側

反対のスプロケット側はきれいな状態でした

 

フロントハブ

続いてフロントハブを分解します。

フロントハブ

続いてフロントタイヤを外してハブを分解します。

こちらもリアハブと同様に玉押しを固定してナットを緩めると軸が抜けます(こっちはしっかりと締まっていました)。中を覗いてみるとグリスはうっすらと残っていました。ただ、片側はヘドロのような色合いになっています。どうも泥か何かが入ってしまったようです。

フロントハブ

まずダストブーツを外して

フロントハブのベアリング

グリスが泥のような色合いになっていました。

フロントハブのベアリング

反対側は特に問題なさそうです。

汚れを落として確認してみると、受側は問題なさそうです。玉押しは前回時点で傷が入っているので諦めます。リアハブ同様に固着した玉押しとナットは次回課題ということに。

ハブ組み立てとベアリング交換

外したパーツを灯油漬けにして汚れを落としたら元通りに組み立てです。

スプロケットの清掃

各パーツは灯油漬けにして汚れを落としてから組み付けました

今回は玉押しを再利用しますが、ベアリングは新品と交換です。ベアリングはフロントが3/16 inchを片側11個、リアは1/4 inchを片側9個です。グリスをたっぷりと盛って新品ベアリングを入れていきます。元通り組み上がったらたま押しを調整してゴリゴリせず軸がガタつかないよう調整して完了です。

フロントハブの組み立て

フロントハブにウレアグリスをどっさり盛って、新品ベアリング(3/16 inch)をいれていきます。

リアハブの組み立て

リアハブも同様にして新品ベアリング(1/4 inch)をいれていきます。

ハブスパナ

組みあがったら玉押しを調整します。丁度いい感じのところで玉押しを板スパナで押さえてナットを締めます。柄が長いのでダイソースパナより使いやすいです。

たま押しの調整はフロント比較的簡単に終わりましたが、リアハブで苦戦しました。たま押しの位置がスパナで上手く保持できない位置(内側)に寄ってしまうのが原因です。かといって反対側はナットが固く締まって外れません。なんとか調整しましたが、次回はなんとかして緩めてたま押しごと交換したいところです。リアハブのナットが緩んでいたのはこれが原因かもしれませんね。。。

玉押し調整

リアハブの玉押し調整は苦戦しました。

あとは元通りにタイヤをフレームに戻して作業完了です。試しに手でタイヤを回してみると滑らかに回転していい感じです。

 

取り外したベアリング表面の傷

取り合えずベアリングを新品に変えてみたわけですが、そもそも古いベアリングはどれくらい痛んでいたのでしょうか。手元にあるUSBマイクロスコープでベアリングの表面を拡大してみました。

R0012936.JPG

古いベアリングの表面をマイクロスコープで拡大してみました。

拡大してみるとベアリング表面が傷だらけになっていて、ところによっては錆びているのが分かります。目を凝らしてみて傷ついているようだし新品にしとこうか、くらいの気持ちで交換しましたが、コレを見るとやっぱり新品にして良かったと思います。

リアハブのベアリングを拡大

今回交換したリアハブのベアリングです。表面が傷だらけになっていました。

フロントハブのベアリングを拡大

こちらはフロンハブのベアリングです。同じように傷(錆?)が沢山見受けられます。

 

ベアリングの重さ

元々のベアリングと今回交換したベアリングの重さを測ってみました。1/100の桁はあまり正確ではないのでご参考までに。

古いベアリング

ベアリング(1/4inch)の重量

古いリアハブのベアリング(1/4inch)

ベアリング(3/16inch)の重量

古いフロントハブのベアリング(3/16inch)

今回交換した新しいベアリング

ベアリング(1/4inch)の重量

新しいリアハブのベアリング(1/4inch、中谷金属工業)

ベアリング(3/16inch)の重量

新しいフロントハブのベアリング(3/16inch、中谷金属工業)

 

所感

特に問題なく乗れていても、久しぶりにベアリングのメンテナンスを終えてみるとタイヤの回転が軽くなっているのが実感できます。グリスの流れ具合を見ていると、乗り方にもよるとは思いますが2年間隔くらいがちょうどメンテナンス時期なのだと思います。購入してから何年もそのままでどうしようかなぁと思っている方は是非一度挑戦してみてください。

今回グリスアップだけでなくベアリングの交換もやってみました。古いベアリングに欠損等は見受けられませんでしたが、2.3個うっすらと変色しているものがあったので念のため、といったところです。本当は明らかに傷がついているたま押しを交換したいのですが、ガチガチに締まって外れないので次回に持ち越しとなりました。次はなんとかして玉押しを外して交換したいと思います。グリスの様子を見たいので1年後くらいかな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.