browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

[自転車旅行記] 2012/11/07:福岡県北九州市~福岡市(ビジネスホテル)

Posted by on 2015/08/15

当日の走行記録:福岡県北九州市~福岡市(ビジネスホテル)

この日は前日のキャンプ場を撤収し福岡市まで進みました。私の探し方が悪いのだと思いますが、この辺りにキャンプ場or野宿出来そうな場所が見つからなかったこと、夜にもつ鍋食いたい、ということで福岡市ではビジネスホテルにお世話になりました。

Total distance: 77822 m
Max elevation: 148 m
Min elevation: -4 m
Total climbing: 714 m
Total descent: -780 m
Average speed: 14.54 km/h
Total Time: 09:39:35

 

国道495号沿いに西へ

キャンプ場を出るときに一直線に西へ行こうとして劇坂に敗退しました(最初にGPSログが彷徨っているあたり)。あわよくば最短距離と思ったのですが甘かったです。あらためて来た道を途中まで引き返し、国道495号沿いに西へ進みます。

途中、長浜ラーメン一発というお店で昼食を頂きました。九州入って最初のラーメンです。

長浜ラーメン一発で昼食

長浜ラーメン一発で昼食

道の駅むなかた

さらに495沿いに進み、宗像市に入る手前の峠越えを乗り越えて今度は道の駅むなかたへ。甘いもの成分補給ということでアイスクリームを頂きました。疲れた体に柑橘系の味が染みわたります。
(旅再開で体が鈍ったのか、この日は結構休憩を多くとったような記憶があります)

道の駅むなかた

道の駅むなかた

道の駅むなかたでアイスクリーム(果物系アイスが数種類あったような記憶があります)

道の駅むなかたでアイスクリーム(果物系アイスが数種類あったような記憶があります)

銭湯で一休み

前日は近場にお風呂が無かったので、福岡市に入ってから銭湯で一休みしました。あんまり長く入ると疲れが噴出しそうではあったのですがそこそこ長い時間をお湯に浮いていたような気がします。

お風呂から出た後は冷えた牛乳とシャーベットでまったりです。ここの販売員さんにもつ鍋の美味しいお店を教えてもらい、そこを終着点とすることにしました。

銭湯でシャーベット

銭湯でシャーベット

やま中赤坂店でもつ鍋

この日のメインイベントです。ここまで来たら食べないと損だ、とお勧めしてもらったお店に突入です。

このお店は老舗とのことで、入ってみるとまるでホテルにあるカウンターのような光景です。一瞬、間違ったのかと戻ってしまいました(写真残ってないですが、お店の名前で検索するとすぐに出てきます)。

今から入れるか聞いてみると残念ながらお客さんで一杯、予約してもらって21時くらいからならいけますとのことで先に近場のビジネスホテルにチェックインしました。

この日のビジネスホテルは半分はこのお店があったから決まったようなものでしたが、その価値が十分にありました。もつが蕩けるようでとても美味しく、ダシが勿体ないと雑炊を頼んでお腹が限界を超えそうになりました(メニューが2名様分からなので、これを一人で食すとかなりのボリュームになります)。

テーブルは完全個室

テーブルは完全個室

メニュー(どれも美味そう)

メニュー(どれも美味そうですが、最低2人前からなのでひとりの場合は量にご注意)

待望のもつ鍋

待望のもつ鍋

雑炊(お腹がはちきれそうになりましたが、とても美味い)

雑炊(お腹がはちきれそうになりましたが、とても美味い)

ビジネスホテルへ

食べ過ぎて苦しいお腹を抱えてビジネスホテル(たしかプラザホテル天神だったと思います)へ帰投となりました。

今回のように街中で食事/観光を楽しむとどうしてもテント泊が難しくなります。そういう場合はビジネスホテルかネットカフェのお世話になるかですが、私の熟睡度合でいくとビジネスホテル≒テント泊(夏場は断然ビジネスホテルだと思います)>ネットカフェとなります。事前にテント設営が出来そうな場所を見つけてそこから足を伸ばすのが良いのですが、次の旅の課題です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.