プレスカブの圧縮チェック

ネットにある先輩方の記事にエンジン圧縮比を上げてパワーアップor燃費向上というのがあり、面白く読ませて頂いてます。エコランに出るわけではないですが、うちのカブ助も一度は燃費アタックをしてみたいところ。

というわけで、現時点でのプレスカブの圧縮がどんなもんか測ってみることにしました。

使ったのはこちら。

コンプレッションゲージ(外箱)
コンプレッションゲージ(外箱)
コンプレッションゲージ(中身)
コンプレッションゲージ(中身)

カブにそのまま使えるアダプタがついているやつを探しました。楽天やらAliexpressやらも探したのですがトータルのお値段的にあまり変わらず、結局Amazonに出ているこれとなりました。

届いてすぐにプレスカブのエンジンをかけて5分くらい暖気してからプラグを引っこ抜き(ん?もしかして買ってから初めて抜いたのか)、そこにアダプタ+ホースを接続。先っちょにゲージをくっつけ、いざキック、キック、キック!

んん、思ったより低いような。。。さらにキック、キック、キック・・・!

その結果。

我が家のプレスカブ測定値(エンジンはノーメンテ)
我が家のプレスカブ測定値(エンジンはノーメンテ)

ピントがボケてますが、針は6kg/cm2くらいにいます。ネット情報によると正常値は14kg/cm2くらいとのこと。明らかに数値上は低いです。

こんな数字でエンジンまわるの、と他所様の記事を読んでいると6kg/cm2とかでもエンジンかかるらしいとの情報ありました。もし数字がそこそこ正確だとすると、ぎりぎりのところで動いているということになります。

考えられる原因は、

  1. 私がへぼで測り方を間違っている
  2. ゲージがいけてなくて値が変orどこか漏れている
  3. 根本的にエンジンが圧縮漏れしている

ですが、どうしようかな。全部怪しいっす(爆)。参考に誰かもう一台、新車のカブを計らせて欲しいです。

まぁポジティブに考えて、うちのカブはまだ出来る(改善余地あり?)ということに今のところはしておきたく(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.