browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

自作ヒートエクスチェンジャーもどきの製作

Posted by on 2018/12/02

空き缶を使って簡単なヒートエクスチェンジャーもどきを自作してみました。とても簡単な構造ですが意外と効果があるようで、測定してみるとヒートエクスチェンジャー無しのときより1分ちょっと早くお湯が沸騰します。

はじめに

アウトドア用品店を覗くとJetboilなどのヒートエクスチェンジャー付きの製品があります。ストーブの熱を効率よく受けて早くお湯が沸かせるという一品で欲しいなぁと思っていたのですが、MSRから後付のヒートエクスチェンジャーが販売されているのを知りました。

  • MSR ヒート・エクスチェンジャー 39105

これなら愛用のWhisperLiteでも使えそうです。構造を見るに鍋の周りに蛇腹状になった金属を巻きつけて使うようで、これなら自作できるのでは?と思い立ちました。というわけで空き缶でなんちゃってヒートエクスチェンジャーもどきを作って効果を測定してみることにしました。

自作ヒートエクスチェンジャーもどきを作る

材料

材料は家に転がっていたトマト缶の空き缶とクリップです。道具は金切りバサミを使います。

トマト缶

台所に転がっていたトマト缶の空き缶を使います

金切りバサミ

金切りバサミ。ひとつあると便利です。

加工する

加工と言ってもとても単純で空き缶を開いて蛇腹状に折り曲げて繋げるだけ、あとはコッフェルに針金やらクリップやらで固定してやれば完成です。こうすればストーブで熱された熱い空気がコッフェルの周りを加熱or保温してくれる、はず。

自作ヒートエクスチェンジャー

トマト缶を金切りバサミで開いて板状にします。

自作ヒートエクスチェンジャー

縁の部分は固くて曲げにくいのでカットします。

自作ヒートエクスチェンジャー

取り敢えず空き缶3個分です。

自作ヒートエクスチェンジャー

蛇腹状に折り曲げます

自作ヒートエクスチェンジャー

3枚とも適当に折り曲げました

自作ヒートエクスチェンジャー

折り曲げた板をコッフェルの周りにクリップで留めました。取り敢えずこれで効果を確かめたいと思います。

自作ヒートエクスチェンジャーもどきの効果を測定する

さて、作ったは良いですが効果が無ければただのゴミです。そこで手持ちのストーブとコッフェルを使って自作ヒートエクスチェンジャーあり/なしでの沸騰するまでの温度変化を測ってみることにしました。実験に使用したのは以下のものです。

  • ストーブ:WhisperLite International(燃料は灯油を使用)
  • コッフェル:EVERNEW Titaniumクッカー
  • 自作ヒートエクスチェンジャーもどき

DSC_0200.JPG

WhisperLiteでクッカーの水600ccが沸騰(100度)するまでの時間を計測します。温度計は台所にあった調理用のやつを使いました。

DSC_0197.JPG

水はクッカーの目盛りで600ccいれてあります。

DSC_0202.JPG

開始時の水温はいずれも15度。

DSC_0210.JPG

バルブは全閉位置から約1/4回転まわしたあたりとしました。

ストーブに点火して火が安定してからコッフェルをのせて経過時間と温度を記録したところ、ヒートエクスチェンジャーありは約5分30秒で沸騰、ヒートエクスチェンジャー無しだと約7分で沸騰しました。

DSC_0205.JPG

ヒートエクスチェンジャーありは効果あるようで、沸騰してから泡の出方にも勢いがあります。

温度変化をグラフにすると以下のようになります。厳密な測定ではないですが、グラフをみるといい加減な作りのヒートエクスチェンジャーでも効果があるようですね(ヒートエクスチェンジャー無しの最後で温度の上昇が鈍くなっているのは燃料タンクの圧力が抜けてきてしまって火の勢いが衰えた可能性があります)。

所感

初期構想ではリベットで固定してもうちょっと格好良くなるハズだったのですが、先に効果を測った方がいいやとクリップ留めの可哀想な格好になってしまいました。というわけで凄まじくいい加減な作りの自作ヒートエクスチェンジャーもどきでしたが、こんなのでも効果ありました。もっとしっかり作ってやれば自転車ツーリングに持っていってやれるかも。

ちなみに今回はトマト缶を使いましたが、ビールの空き缶(アルミ)を使えばもっと軽量に作れそうです。

DSC_0206.JPG

チタン製のクッカーだし大丈夫だろうとタカをくくっていたら温度計が溶けてしまいました。どうもヒートエクスチェンジャーもどきと接触していたようで、その部分が熱々になっていたようです・・・orz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください