browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

外付けUSB-HDDのACアダプタを修理する

Posted by on 2016/11/18

この間、ふと外付けUSB-HDDを使おうとして故障していて動かないことに気付きました。ACアダプタの出力電圧をテスターで見ると正常な電圧が出ていません。とっとと新しいのを買えばいいのですが、もったいないのでなんとか直して使いたいところです。強引にケースを割って修理を試みました。

 

環境

まだ使っているのか、と言われそうなくらい古いやつでIDE(PATA)接続のHDDを繋ぐのに使っていました。なんとかこれを修理したいと思います。

  • PC:OrangePI PC(ARMBIAN)
  • IDE/SATA to USBアダプタ(10年くらい前のやつ?)
RIMG0004.JPG

久しぶりに使うと動かない

ACアダプタが故障している模様

ARMが載った小型基板を購入したので、今まで我が家になかったNASとして使えるようにしようとUSB-HDDアダプタを引っ張り出したのが発端です。
ここ何年か使っていなかった電源をHDDに接続すると、どうもHDDが動いてくれません。USB-HDDかHDD(PATAなんです)が壊れたか、と電源をATX電源からとってみると動作しました。犯人は電源アダプタのようです。

RIMG1930.JPG

ACアダプタの出力を見てみる

最初にテスターであたってみると、+12V端子は13V、+5V端子は4Vとなっていました。今度はオシロスコープで見てみると+5V端子側は明らかに異常な出力、+12V端子側も電圧がおかしいです。やはり壊れているようです。

ac_adapter_5v_before.png

 +5V出力の波形

ac_adapter_12v_before.png

 +12V出力の波形

 

修理を試みる

分解

電源アダプタのケースにはネジ穴がなく、仕方なくケースの切れ目からノコギリで切断しました(勢い付きすぎて部品の一部を削ってしまった)。

RIMG1932.JPG

 

問題箇所はコンデンサ

中を開けてみてみると、+5V/+12V出力近傍の電解コンデンサにいかにも怪しげな液漏れの痕跡がありました。問題のコンデンサ4つを外してテスターで見るとすべて容量抜けを起こしているようです。
手持ちのコンデンサに付け替えて動作確認することにします。

RIMG1934.JPG

 コンデンサの頭に粉が吹いていました

RIMG1937.JPG

 駄目になったコンデンサを取り外して、

RIMG0002.JPG

 新しいコンデンサに付け替えました

元々は1000uFx4がついていましたが、スペースの関係で1000uFx3と480uFx1になりました。

また、別な部品のリード線同士がこすれて短絡しているような箇所があったのでこちらも曲げなおしておきます。もしかしてこれが悪さしてコンデンサがパンクしたのかも。

RIMG1936.JPG

 

動作確認

ケースに戻してから通電した状態でテスターを見ると、お、今度はいい感じです。オシロスコープで見ると両系統ともに出力が改善しました。
HDDに接続してみると正常に動作しており、PCからも認識出来ました。

ac_adapter_5v_fixed.png

+5Vの波形(修理後)

ac_adapter_12v_fixed.png

 +12Vの波形(修理後)

 

所感

ここ最近はノートPCが壊れプリンターが壊れで修理に挑戦して敗北してばかりでした。どれもこれくらい簡単に修理できればうれしいのですが、だからこそ直ったときは嬉しく感じます。

さて、あとはNASの設定か。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.