browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

[カブ] サイクリングコンピュータのセンサーブラケット自作

Posted by on 2018/02/09

2年ほど前に安いサイコンをカブに取り付けて以来便利に使ってきましたが、先日にセンサーを固定していたタイラップが朽ちて外れてしまいました。今まではスポークに磁石をつけていましたが上手く計測出来ないことがあったので、この際にセンサーブラケットを自作して付け直すことにします。

 

カブのサイコン

カブにはトリップメーターがついていないので、その代わりとして自転車用の安いサイクリングコンピュータ(SD-563B)をつけてあります。Aliexpressで購入したやつで600円くらいだったと思います。

カブとサイコン

カブに取り付けたサイコン(SD-563B)。時計と温度計機能もあって重宝しています。

サイコンにはセンサーとスポークに取り付けるタイプの磁石が付属していて、今までそれを使っていました。しかし、走行中にスポークに取り付けた磁石が明後日の方向を向いてしまったりサスペンションが沈み込むとセンサーと磁石の位置関係がずれて速度を計測出来なくなることがありました。そのたびに停車して磁石の位置を修正するのは手間です。ステーを作って磁石をドラムに配置出来ればそれが改善出来るはずです。

サイコンのセンサー

センサーはフロントフォーク内側に固定してありましたがタイラップが切れてしまいました。停車時に気が付いたので走行中に巻き込まずにすみました。

 

購入したもの&使ったもの

必要なものをホームセンターに行って買ってきました。

  • U字金具セット
  • ひねり金具
  • 平座金、ばね座金

他にセンサー用にダイソーで購入した強力磁石、センサーと配線固定に家にあったタイラップを使用しました。

U字金具とひねり金具

金具をコーナンで買ってきました。しめて462円也。

タイラップ

センサーはこのタイラップで取り付けます。2年前もこれで固定しましたが場所が悪かったのか2年で朽ちました。

 

ブラケットとセンサーの取り付け

U字金具とひねり金具を取り付ける

取り付け場所はフロントホイール左側にしました。この場所であれば十分なスペースがあります。

カブのフロントホイールとブッシュ

ブッシュに固定出来ればタイヤを取り外すときに便利そうなのですが・・・

本当はブッシュをU字金具で締め付ける形にしたかったのですが、ドラム側に寄せすぎると金具が接触しそうだったのでブッシュとフォークとの間に出来る窪みに引っ掛かる形にしました。ここであれば何か物が当たってもU字金具そのものはズレません。ひねり金具は動くと思うのでゴムか何か滑り止めを入れたほうがいいかも。

カブとサイコンの自作センサーブラケット

こんな感じでU字金具とひねり金具を取り付けます。今更気付いたのですが付属のナットがインチでした。。。

カブとサイコンの自作センサーブラケット

取り付けた金具を下から見たところ。丁度パーツの窪みにはまるように取り付けてあります。

 

センサーと磁石を取り付ける

これならいけそうなのでセンサーと磁石を取り付けます。磁石はスポークの窪み部分に取り付けました。流石に磁力だけでは紛失しそうだったのでスポークの頭と接着剤で貼り付けてからホットメルトで覆いました。

カブとサイコンの自作センサーブラケット

センサーをタイラップで固定

カブとサイコンの自作センサーブラケット

センサーと磁石の位置関係はこんな感じになります。

サイコンセンサーの磁石

磁石は接着剤で固定した後にホットメルトで覆いました。

最後にタイヤを回してみてサイコンの表示を確認して作業完了です。

 

参考

この記事は以下の内容を参考にさせていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.