3Dプリンターの自作について考える

最近、3D-CADを触る機会に恵まれまして3Dプリンターが欲しいなぁと思うようになりました。自分の考えた(欲しい)形が自由に作れたら楽しそうです。

市販されている3Dプリンターを見てみるとかなりお手頃なお値段となってきていて頑張れば手が届きそうな価格です。ただ、私の財布からすると気軽にぽんっと出せる価格でもありません。

そこで、なんとか自作出来て安く作れる、そんな都合のよい3Dプリンターが無いか探してみました。

 

オープンソースの3Dプリンター

インターネットで検索していると、中国製の安い3Dプリンターの組み立てキットを見つけました。一番安いヤツで日本円にして4万円弱です。必要な部品一式が付属してこの値段なら、かなりそそられます。

もうちょっと検索していると、オープンソースで設計図が公開されている3Dプリンターが見つかりました。様々な派生版が作られているようで、上記の安価な組み立てキットもこれをベースとしたもののようです。

その中にフレームが木材で作られているものを見つけました。これならば材料費がとても安くあがるのではと考え試算してみることにしました。

WolfStrapの外観モデル(sketchupで表示したもののスクリーンショット)
WolfStrapの外観モデル(sketchupで表示したもののスクリーンショット)

WolfStrapの材料リスト

WolfStrapの作者はドイツの方のようで、材料リストにはあまり見ないサイズの木材等が記載されています。そこをホームセンターにいけば見つかる2×4材や、Amazonやモノタロウといった通販サイトで見つかるものに置き換えてみました。

また、オリジナルはX,Y軸の駆動に送りねじを使うバージョンとベルトドライブを使うバージョンがあり、ここではベルトドライブの部品を掲載しました。加えてオリジナルに無いもので必要そうなものをいくつか追加しています。

(各材料および合計価格は参考です)

No
種類
部品名
数量
価格
小計(円)
(オリジナル) (検討した部品)
1 木材 1×2材 6フィート(18 x 18 x 1828mm) 1 250  250
木材 445x18x45mm 1×2材 L445mm 2
木材 200x18x45mm 1×2材 L200mm 2
木材 300x18x45mm 1×2材 L300mm 1
木材 50x18x45mm 1×2材 L50mm 2
2 木材 1×4材 6フィート(18 x 36 x 1828mm) 2 300  300
木材 415x18x70mm 1×4材 L415mm 2
木材 450x18x70mm 1×4材 L450mm 2
木材 350x18x70mm 1×4材 L350mm 2
木材 160x18x70mm 1×4材 L160 1
木材 110x18x70mm 1×4材 L110 1
3 木材 300x400x18mm 適当な板材 1 1200 1200
4 レール 250mm アイワ スライドレール ミニベアリングタイプ 310mm 1セット入り AP-1121C 2 630 1260
5 レール 450mm センタースライドレール(457mm) 2 649 1298
6 ネジ 4x25mm SPAX screws 皿ネジ 4.0mm x 25mm パック品 1 299 299
7 ネジ 3x15mm SPAX screws 皿ネジ 3.0mm x 15mm パック品 1 479 479
8 ネジ 4x35mm SPAX screws 皿ネジ 4.0mm x 35mm パック品 1 479 479
9 モータ NEMA 17 bipolar stepper motors ステッピングモータ 4 1500 6000
10 アングル 100x100mm brace アングル 6 100 600
11 アングル 120x120mm brace アングル 4 100 400
12 ベルト 840mm×5mm T5 pitch timing belt GT2-6mm タイミングベルト(10m) 1 885 885
13 ベルト 900mm×5mm T5 pitch timing belt GT2-6mm タイミングベルト(上記のを使いまわす) 0 0 0
14 全ネジロッド M8x18cm M8 寸切(ステンレス) 長さ285mm 1 179 179
15 ナット M8 nut M8 袋ナット(ポリアセタール) 3 45 135
16 留め具 M8 brass plug M8 高ナット セット 1 299 299
17 留め具 Cable tie 1 0
18 アングル 60mm chair angle ユニクロワイドアングル 4 146 584
19 制御基板 RAMPS1.4 + Arduino 1 3000 3000
20 エクストルーダ エクストルーダキット 1 899 899
21 マイクロスイッチ マイクロスイッチ10個セット 1 525 525
22 ヒートベッド ヒートベッド 1 1500 1500
23 ベアリング ミニチュアベアリング ZZ(両側鋼板シールド形) 10 83 830
24 フィラメント フィラメント ABS 1 3000 3000
25 電源 ATX電源 1 4000 4000
26 タイミングプーリ GT2タイミングプーリ(5個セット) 1 600 600
合計 29051

 

自作がお得か否か?

試算してみると、安い3Dプリンタキットよりは安くなりました。ただ、何かのセールがあったりして安くなるとあまり変わらない価格かも。手間暇考えるとキットの方が総合的には有利なのかもしれません。

もちろん工具類が家に揃っていて、ATX電源やステッピングモータなどが手持ちのものを使える環境の方は自作の方がお安くなるかと思います。自分で作ったという得難い満足感もありますし、個人的には私も自作してみたい派なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.